ブログトップ

ふくのわっか

fukunowa.exblog.jp

カテゴリ:イベント( 8 )

輪になる5人展

c0361156_10384054.jpg

京王線千歳烏山「コミュニティカフェななつのこ」でのイベント
「輪になる5人展」でのミニプレートランチ、やってみました。

メニューは、時短料理で、
・炊飯器でできるカレーピラフ
・大根の炒め煮
・小松菜のあえ物
・人参サラダ
・自家製味噌のみそ汁
でした。

ミニプレート、と言いながら、
お皿が大きかったので、
ビックプレートになってしまい、
自分で食べてみたら結構ボリューミーでした(笑)

ランチの後は、1時間の講習会で、
考える時間もないほど、次から次の1日でした。
講習会で話していると、
次にやらなければいけない連続講習の内容が、
具体的に決まってきました。

全体で講習をやる方法と、
プライベート講習を行ってもいいかな、と思いました。

前から考えていたことですが、イベントで見えてきました。
詳細が決まり次第、お知らせいたします。

[PR]
by fukunowakka | 2017-03-13 10:38 | イベント | Comments(0)

輪になる5人展

c0361156_13471497.jpg
3月12日日曜日10時から15時、
京王線千歳烏山コミュ二ティカフェななつのこにて、
「輪になる5人展」出展します。
わたしは、「ふくのわっか」として食の内容で参加します。

昨年4月からのご縁で、
何かを始めようとしている5人が集まりました。
応援してくださる人たちのおかげさまでカタチになりました。

予約が必要なものもありますので、
Facebookなどでご確認下さい。


わたしのイベントは、
ミニランチ600円と
講座「今こそ!おとなの家庭科~何を選んで食べましょうか」1000円です。
それぞれ予約になります。
当日空きがあれば受け付け可能です。

よろしくお願いいたします。

[PR]
by fukunowakka | 2017-02-19 13:17 | イベント | Comments(0)

会津若松へ

c0361156_11501220.jpg
3月12、13日、福島県会津若松にある
朝倉玲子さんのアトリエへ行ってきました。

6月まで全4回で、
朝倉さんの料理を勉強すると決め、
今月は、第1回目でした。
会津若松へ一人で行くのは、初めてで、
電車の乗り継ぎなど、わくわくの一人旅感でした。
でも今回は、朝倉さんのイタリア料理を
しっかり学ぶつもりで行ったので、
うかれてばかりはいられません。

料理の写真は、都合上アップできませんが、
料理教室で伝えていきたいと思います。

写真は、朝倉さんの料理教室の翌日、
タンボ・ロッジ大屋さんのスィーツ教室での
おいしいお昼ごはんです(会場は、朝倉さんのアトリエ)。
米が、おいしいうえ、
アサクラのオルチョ、アックアサンタ、わら1本、
おにぎりの具、漬物、いっぱいかけて
おいしくおいしく、いただいてきました。

タンボ・ロッジの大屋さんには、
米粉でできるロールケーキと
アサクラ小麦で作るスペインのクッキーホルホロンを習いました。
小麦の座学、もっと聞きたかったなぁ。

勉強させていただきました。

[PR]
by fukunowakka | 2016-03-26 11:50 | イベント | Comments(0)

オオヤさんのコーヒー講座①-2

2年前(2013年12月)鎌倉で開かれた
オオヤさんの1日講習会に参加してから
ずっと願っていた講座に参加することになりました。
そこにいられるのが嬉しいし、今で良かった。
あの頃のわたしじゃあ、わからないことばかり。

1月24日日曜日、オオヤさんのコーヒー講座、
①-2おいしいコーヒーを飲むために
「ドリップは、必要である。」

前回のMUJI講習とは、真逆のテーマ。
そこが、オオヤさんらしい。
どんな淹れ方でも、美味しいコーヒーは飲めるけれど、
さらに深みや奥行きを出したい場合、
ドリップをしましょという講座。
c0361156_10192223.jpg

どんなコーヒーが好きで、どんなコーヒーが飲みたいのか、
産地で選ぶのでなく、違う見方で選ぶ。
それを聞いたら、
どうして自分が、あのコーヒーが苦手で、
このコーヒーだったのか、なるほど、と思う。
やっぱり、感覚でわかっていることが、正しいんだ。

体調で味の感じ方が顕著なのも、
他の食べ物よりコーヒーが強い。

わたしは、全粒粉とか豆とか玄米が、
かなり苦手なんだけど、
全部、普通の調理では、
種子の強い要素が残ってしまうからなんだろうな。

コーヒーも種子だから、浅焼きは苦手。
どんなに人気店でも、だめなコーヒーがある。

オオヤコーヒーが、
そんなわたしに大丈夫な理由もわかって、
納得。
淹れ方、道具、焙煎人、お店、
いろいろあるけれど、
教えてもらうのが、初めて。

物心ついたときから、
父がごりごり豆を挽いて、
飲ませてくれるコーヒーから始まった
わたしのコーヒー好き。

どんなふうに広がるのか楽しみです。




c0361156_10192327.jpg

[PR]
by fukunowakka | 2016-01-25 10:19 | イベント | Comments(0)

オオヤさんのコーヒー講座①-1

2016年に受講を始められることが嬉しい、
オオヤミノルさんのコーヒー講座が、
1月20日水曜日、青山のFound MUJIでありました。
おいしいコーヒーを飲むために
「ドリップは、必要ない。」
どんな時でも、おいしいコーヒーは、飲める。
その方法とお話でした。
c0361156_9543638.jpg

忘れちゃいけないことは、まず、
コーヒーは、植物であったこと、
種子であること、
どうやって自分の前に来たのか
ということを想像すること。
そして、コーヒーを淹れるということは、
料理であるということ。

豆の焼き方、挽き方、水の温度、時間、
どんな状況でどんなコーヒーを飲みたいのか、
で、自分で淹れ方を決める。

お味噌汁を作るように、あること。

そして、味は、球体で、
すぐには上がってこなくて、
エッジが立つようなものが、
本当においしいもの。

コーヒーの味が、わからなくなった時に、
水を飲む人がいるけれど、
水にも味があって、
水の味で、ますます味がわからなくなる。
どうしたらよいかの方法。
オオヤさんは、同じ系統のほうじ茶を飲むそうです。

わたしも、ほうじ茶を飲んだコップに
そのままコーヒーを注いでいた。
でも、味はケンカしなかった。
味の系統が同じだからだったんだ。

腑に落ちる。

日々修練です。
c0361156_9543697.jpg

[PR]
by fukunowakka | 2016-01-25 09:54 | イベント | Comments(0)

ウエダ家さんのキムチ

今年初参加のウエダ家さん料理教室。
本日は、自然発酵乳酸菌で作るキムチです。
ひとつひとつ、丁寧な手作業で、
おうちの冷蔵庫でおいしいキムチが
添加物なしに作ることができます。
c0361156_19244266.jpg

母が生まれ育ったのが、朝鮮半島でした。
戦後、日本に引き揚げてきたのですが、
小さいころからキムチが食卓にあったので、
わたしは、大好きなもののひとつです。
でも、買っておいしいキムチって、なかなかありません。

大陸の気候で作られた漬物とは違う作り方で、
日本の材料で、乳酸発酵のキムチを作ることができるって、
すごいです。
帰ってさっそく、まず、りんご酵母を仕込みました。
水キムチは、昆布酵母ができていたらすぐ作ることができるので、
週末やってみます。
c0361156_1924426.jpg
帰りに、パンの師匠ゆうさんに会いました。
小麦論を聞いてきましたが、
話の中で、稚内の「わっか」は、
アイヌ語で「水」の意味があると、
教えてもらいました。
「ふくのわっか」の意味に、
いろいろな意味をかけているのですが、
「水」の意味も加えられました。
[PR]
by fukunowakka | 2016-01-13 19:24 | イベント | Comments(0)

オプティマルクッキングアカデミーの新年会へ

南清貴さんと車浮代さんのトークショ-
おもしろそうだな~、と、行ってみたら、
「オプティマルクッキングアカデミー」の新年会でした。
場所は、渋谷のオーガニックレストラン「daylight kitchen」。
c0361156_11514771.jpg
昨年10月に参加した南清貴さんの料理教室で、
簡単にできる家庭料理講座
「オプティマルクッキングアカデミー」のことを知りました。
日本オーガニックレストラン協会を2014年に発足し、
人を元気にする料理は、家庭料理、
というコンセプトで活動をされている南清貴さん。

ウエダ家さんで知り合ったFuさんが、
講座の修了者で、新年会でもお世話になりました。
トークショ-もお料理も出会いも素晴らしくって、
2016年の方向性が、見つかったような1日でした。
[PR]
by fukunowakka | 2016-01-11 11:51 | イベント | Comments(0)

「東京蚤の市」で

c0361156_16305677.jpg

ご案内をいただいて知った「東京蚤の市」に
ふらりと行ってきました。
珍しいものを見たり、出会ったり、
イベントは、いつも楽しいですね。

北欧コーナーがあり、
ふらふら歩いて見ていると、
カップが二つ並んでいました。
ちょっと珍しい感じの手描きで、
器の厚みや色の感じも繊細です。
裏にはARABIA、
MAIN IN FINLAND。
ARABIAって、
もう少しどっかりしっかりしているイメージなので、
お店の人(kirpputori キルップトリさん)に聞くと,
1950年代の何とかシリーズの古いもので、
ソーサーが割れてしまって、カップだけの販売だとか。
2つ同じように残っていて、
同じようにソーサーが割れてしまったなんて…
ソーサーが、どんな雰囲気だったのか?
想像しながら購入しました。

古いものは、誰かか大切にしていたものなので、
あまり買ったりしないのですが、
ご縁があれば手に入れます。

全ては、ご縁、と、いつも思います。
料理教室も、良いご縁で繋がっていけたら
良いなぁ~、と、思いました。
[PR]
by fukunowakka | 2015-05-10 16:30 | イベント | Comments(0)